クレジットカード現金化が安い金額になって後悔しないようにすること

クレジットカード現金化は、キャッシングが使えない方でも現金を調達できる方法として知られています。
しかし現金化という方法は、通常より安い価値になってしまうことがあるので注意が必要です。
では利用するときには、どのような点に注意が必要になるのでしょうか。

基本的に価値が安くなるので注意

そもそもクレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を活用して現金を確保する方法です。
最初にクレジットカードを使って、ブランド商品や金券などの換金率の高い商品を購入します。
そして購入した商品を業者側に売ることで、売却金額が現金として手元に残ります。
急いでお金が必要なときやキャッシング枠を使いきってしまったときなどに利用できる方法ですが、購入時よりも売却価格は安くなります。
このときの売却価格が極端に安くなってしまうと、損をしたと感じやすくなってしまうので注意しましょう。

安い金額で損をしないために必要なこと

クレジットカード現金化は、基本的に換金率が100%にはならない仕組みになっています。
そのため金額が安くなって損をしたと感じないようにするために、換金率に注意して現金化することが大切です。
ブランド商品や金券などを購入する場合、比較して少しでも換金率の高いものを選ぶようにしましょう。
また現金化を行っている業者から安い商品を高額で購入し、その特典でキャッシュバックによって現金を得られるという方法もあります。
業者ごとに換金率には違いがあるので、比較して高い換金率に設定している業者を選ぶことが大切です。

換金率の高い業者を選ぶ注意点

クレジットカード現金化のサービスを専門的に行っている業者を選ぶメリットの1つが、短い時間で現金を手にすることが可能だという点です。
また24時間365日のサービスに対応している業者も多いので、すぐに現金が必要なときにも頼りになる存在です。
実際に業者を利用する場合、換金率は80%に設定されているケースが多くなっています。
90%以上の換金率を設定している場合には、取引額がいくら以上というような条件がついている可能性もあります。
業者を利用する前に、どのような条件が設定されているのかしっかりと確認することが大切です。

自分で商品を売りたい場合

換金額が安くなって損をしたと感じないようにするために、クレジットカードの現金化では自分が納得できる金額で商品を売却することが大切です。
自分が納得できる方法で売るための選択肢の1つが、業者にクレジットカードのショッピング枠で購入した商品を売るのではなく、フリマアプリなどに自分で出品して売るというやり方です。
フリマアプリでは、出品時に自分で金額を設定できるため、納得のいく金額で売りやすくなります。
自分で商品を選ぶときには、使うフリマアプリなどで高く販売しやすいものを狙うことで、金額が安いと後悔することなくクレジットカードの現金化がしやすくなると押さえておきましょう。
また自分で相場を理解している商品を選ぶことも大切です。

まとめ

クレジットカードの現金化は、やり方が悪いと換金率が低くなって手にできる現金が安いと感じてしまうこともあります。
安いと感じることがないように、換金率を高くするためにはどのようなポイントに注意したらいいのか押さえておきましょう。