クレジットカード現金化が特に意味を持つ状況を紹介

クレジットカード現金化には様々な意味と効果があります。
それを詳しく理解していないと無駄な現金化をしてしまったり、問題を長引かせることになるため事前にクレジットカード現金化をする意味についてはよく考えておくようにしましょう。
ここでは特にクレジットカード現金化が意味を持つシチュエーションについて紹介していきます。

飲み会などで割り勘用の現金を用意する必要がある時

最近はキャッシュレス決済の普及によって普段は現金を持ち歩かない人も増えています。
しかし急な飲み会に呼ばれた時などには割り勘用の現金を手元に持っておかないと困ることになります。
貯金があればそこから引き出すだけで済みますが、貯金も底をついている時にはクレジットカード現金化が意味を持つことになるでしょう。
基本的にほとんどのクレジットカード現金化業者は即日の振込に対応しているため、たとえばその日の夜の飲み会で必要になる現金であれば午後に手続きをしても用意が間に合います。
飲み会の参加費や割り勘費用であれば多くても数万円あれば十分なので、クレジットカード現金化との相性もいいと言えるでしょう。

ご祝儀や香典など現金を包む冠婚葬祭の用事がある時

他に急に現金が必要になるシチュエーションの代表格なのが冠婚葬祭です。
ご祝儀袋や香典には必ず現金を包むことになりますが、急にまとまった金額を用意するのはかなり難しくなっています。
クレジットカード現金化を使うと必要な額だけをクレジットカードから持ち出す感覚で現金を用意できるため、冠婚葬祭の準備では非常に頼りになります。
遠方に出かけなければいけない場合でも、移動中にスマホで現金化の手続きをして現地のATMで引き出すといったことができる点も便利です。
ご祝儀や香典の他にもお年玉の用意など、帰省の際には現金が意味を持つ場面は多いのでクレジットカード現金化を上手く使いこなして乗り切りましょう。

給料日前の買い物や生活費の足しにする時

クレジットカード現金化が特に重要な意味を持つのが給料日前の数日間です。
現金化では決済した金額を次の支払い日には用意しておく必要があるため、実際に自由に現金化が可能なタイミングは給料日目前ということになります。
その状況で現金でしかできない大きな買い物をしたくなった時や、生活費が少し足りなくなってしまった時にはクレジットカード現金化で急場を凌ぐようにするといいでしょう。
現金でしか買えない趣味グッズなどはそこを逃すと一生後悔することもあるので、給料日前であれば引き落とし金額まで計算して思い切って現金化をしてしまっても問題ありません。
一方で生活費の足しにする際は、きちんと必要最低限の金額を日割り計算してから現金化を行うようにしましょう。

こんな場合はクレジットカード現金化の意味がないので注意

クレジットカード現金化は決済日までの僅かな期間、現金を先取りすることに意味のある行為となっています。
そのため長期的な投資目的のためにクレジットカード現金化を行うのはまったく意味のない行為となるため注意しましょう。
クレジットカード現金化を使うと、あたかも他人からお金を借りたように錯覚することがあります。
しかし実際には自分で自由に使えるショッピング枠の残高を一時的に現金に置き換えているだけなので、手にしたお金は未来の自分が使うはずだったお金であるとも言えます。
それを無駄遣いしてしまうと踏み倒すこともできず自分が苦しむだけの無意味な行動となるため、クレジットカード現金化は通常の借金以上に慎重に行うことが求められるでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化が特に意味を持つのは飲み会の費用を作る時や冠婚葬祭のための資金を用意する時などになります。
給料日にお金が入ってくることがわかっている状態であれば、買い物や生活費の足しとしてクレジットカード現金化を利用することにも意味があるでしょう。
一方で投資目的などにはそぐわないので、無意味な現金化をしないようにも気をつけましょう。