クレジットカード現金化と闇金の違いとは

クレジットカード現金化、その便利さから最近利用される方も多くなりました。
しかしながら闇金の一種と疑い怖くて手を出せずにいる方もいらっしゃいます。
2つの違いについて見ていくことにしましょう。

闇金よりも金利は安め

借りたお金を返さなければならないのは当然、ですがトイチなんて言葉もあるように10日で1割・場合によっては5割もの金利がプラスされるというのが闇金の恐ろしさです。
そもそもお金が足りずに他から借りなければならなかったような方が、そう大金を手にできるはずもありません。
1日ごとに高すぎる金利が雪だるまのようにどんどん膨れ上がって、気が付くと借金のスパイラルで抜け出せなくなっているのです。
一方でクレジットカード現金化であればそれほどの金利はありません。
カード会社ごとに異なるものの年利18パーセント程度、お金を借りたら返さなければならないという点では同じですが、余分な金額は払わなくてよい・利用者の方の負担が少ないといったメリットがあります。

違法性の有無

クレジットカード現金化、法律に違反しているはずだからこそ使わないという方もいらっしゃいます。
ですが日本の法律では禁止されていません。
とはいえクレジットカード会社はこのような利用方法は規約で禁止しており、それを含めて納得してクレジットカードを作っているはずなのです。
ばれたらそのカードの利用停止・もしかしたら一括で返金しなければならなくなるようなこともあるので、そのリスクは心にとめておいてください。
とりあえず優良業者と言われるようなところを選んでおけばまず安心でしょう。

違法な取り立てを受けることはない

闇金を借りて怖いのが返済できない場合、ドアに「金を返せ」と張り紙されたり妻子が脅されたり職場まで闇金業者がやってきたり、そういった恐ろしい取り立てのイメージがあるでしょう。
クレジットカード現金化を利用しお金が返せなくなったら、実はクレジットカード現金化の業者は中古品の買取業を行っているだけなのです。
商品の受け渡しが終わった時点で関係性は終了、利用者の元にわざわざ違法な取り立てをしにやってきたりといったことは100パーセントあり得ないのです。
現金を手に入れる喜びと共に返せなかったらどうしようという思いはよぎるでしょうが、あなたの日常をめちゃくちゃにするような恐ろしい事態とはならないはずです。

まとめ

クレジットカード現金化を行う業者と闇金業者、まったくの別物であることはお判りいただけたでしょう。
どちらを選ぶべきかも一目瞭然です。
もしも闇金を利用し借金を作ってしまったとしたら、金利は高いし法律なんて無視して取り立ての毎日となり転落していくこととなるでしょう。
現金化、それも優良業者を選ぶのであれば安全性も合法性も利便性も、すべてにおいて問題ありません。
すでにたくさんの方々がクレジットカード現金化というサービスを利用されています。
それでいてこれまでに利用者の中に逮捕された方はゼロです。
お金が手元に必要なのになくて困ってしまってといった経験をすることはあるでしょう。
その時に、すでに審査を落ちていたり無職だったりということであれば選択肢が限られます。
ぜひ闇金ではなくクレジットカード現金化を選ぶようにすることです。